友人の家のウォーターサーバーを見て欲しくなる

友人の新築祝いで久しぶりに新しく建てたお宅に遊びに行ったのですが、間取りもとても素敵ですしインテリアもあまりにも素敵なのであれこれと見てまわりました。早速お祝いに購入したプレゼントを渡すと、キッチンでお茶を淹れてくれました。その時にキッチンにウォーターサーバーがある事に初めて気が付きました。

ウォーターサーバーはやはり外観がそれらしいのですぐにわかるものなのですが、友人のお宅に置いてあったものはインテリア的にも周りの家具とマッチしており、全く気が付きませんでした。

最近ではデザインに注力しているウォーターサーバー業者が沢山いて外観もインテリアに会うような仕上がりになっているそうです。

いつもお部屋の中に置いてあるものだからこそデザインにもこだわりたい!水サーバーを選ぶときにデザインを重視したいという方も多いようです。最近ではかわいいタイプのキャラクターものから、スタイリッシュでお部屋のインテリアとしても充分に通用するモデルも販売されています。
参考:デザインを比べる|最強ランキング!水サーバー選び!

早速淹れてくれたコーヒーを飲んでみると、やはり良い水だけあってとても美味しかったです。私もポットにお湯を沸かすと家族の人数が少なくてなかなか減らないので、頻繁にお湯を入れ替えるのも面倒に思っていたので、ウォーターサーバーの便利さや手軽さにだんだん興味を持つようになりました。ですので我が家でもウォーターサーバーを導入しようかと思っています。

綺麗な水を飲みたいならウォーターサーバー

人間は水がなければ生きていけません。飲むだけでなく、料理なんかでも必ず使うので、生活をするうえで必要なものです。水道の水を飲む人はたくさんいると思いますが、最近ではあまり良くないとされています。と言うのは有害な物質が入っているかららしいのです。それもかなり多く。それを聞くと水道水を飲むのは躊躇してしまいます。スーパーで売っている天然水を買うのもいいですが、なくなったときに買いに行くのが面倒です。

そんなときには、ウォーターサーバーがいいと思います。これならば、自分で買いに行くことはありませんから、かなり楽です。サーバーも無料でレンタルと言うところが多いので、お得です。ただ、お水にはお金がかかってしまいますから、そこを捉えるのかでしょう。水の価格次第ではかなり音区間があります。ウォーターサーバーをレンタルしている会社はいろいろとあるので、比較して、安いところを見つけるのがいいのかもしれません。綺麗な水を飲みたいのであれば、必要なものです。

日本人と水

水道水がたいてい美味しい。外食をすると無料で水のサービスがある。
このような国は世界でも日本くらいではないだろうか。海外に行けばペットボトルの水の料金の高さに驚かされる。
アルコールやジュースよりも高いほどなのだから、それだけ水は貴重なのだとつくづく思い知らされる。そんな中、日本ではいかにより美味しい水を飲むかに力がそそがれる。そもそも安全なのは当たり前、美味しく飲めるのは当たり前、水に恵まれている国だからこそのこだわりではないだろうか。

ミネラルなど含有成分にこだわる人、塩素やカルキを少しでも除去することにこだわる人など最近では数えきれないほどさまざまな好みに対応した水がどんどん増えてきた。極端にそれぞれの味が違うわけではない。
それでも米作りや酒造り、和食の出汁など日本人は昔から口にするものの水へのこだわりは強かった。

その繊細な味わいを感じられるというのは日本人の素敵な部分ではないかと思う。
コップ一杯の美味しさをいつまでもこだわれる舌を持っていたいものだ。

水の味の違い

水は無色透明無味無臭といわれて味のないものとされることが多いのですが、それでもミネラルウォーターなどでは成分が微妙に違って味がほんのわずかですが違います。敏感な人だと軟水と硬水の味の違いは、やはり飲んで味わうことだけでも判別できるようです。

実際に私もほんのわずかですが違いが分かります。軟水はまろやかでのどごしも滑らかな感じがしますし、硬水のほうがあたりが鋭く、温度も低く感じるように思います。お米やお茶などは軟水の方がいいように感じます。またヨーロッパに滞在したときは確かに髪の毛を洗うと日本で使っていた同じシャンプーを使っても洗い上がりがごわついて硬水が影響しているとはっきりとわかることもありました。

最近は水道水もかなりおいしく感じます。以前はミネラルウォーターを買っていましたが、買わなくてもいいぐらいのレベルになってきています。水道水をそのまま売り出す自治体や水道局も登場しているのでやはり売れるレベルにまできているのだと思いました。水は生物には欠かせないものなので上質な水を飲める環境に感謝したいと思います。

ミネラルウォーターを使用する毎日

私は普段の飲み水をミネラルウォーターにしています。ミネラルウォーターは水道水よりも安心感があるし、飲んでいておいしいと感じるのです。

普通に冷たいまま飲むのは当然のことで、あとは冬だったらコーヒーをたてる時やインスタントの紅茶やコーンスープを飲む時も利用します。万能な点も良いと言えますね。

もちろん料理を作る時も必ずミネラルウォーターを使います。というかミネラルウォーターがないと料理を作りたいとは思いません。私は絶対に水道水を使った料理は作りたくないと思っており、ミネラルウォーターを利用するのがこだわりになってます。

料理にミネラルウォーターを使うと味がすっきりするのです。特に味噌汁は水の味が重要で、だしを取っていたとしても違いがはっきりわかってしまうから、ミネラルウォーター以外には考えられません。

料理のレパートリーは少ないですが、水を使う料理には必ず気を使うようにしています。煮物を作る時も、カレーを仕込む時も、とにかくミネラルウォーターでないと気が済みません。

水、断水の記憶

子供の頃に、大規模な断水を経験した記憶があります。
いわゆる平成の大渇水による給水制限です。
その年は雨不足のニュースが何度も流れおり、ダムのほとんど干上がった様子が映されていました。

まだ子供だったこともあり、私は水不足・断水をそれほど深刻にとらえていませんでした。
どれほど広範囲にわたって影響があったのかを知ったのは後年のことです。

取水制限はおおよそ時間を決めて行われていたと記憶しています。
何時から何時までは給水されるがそれ以外は水が出なくなるといった具合です。
当然ながら水を自由に使えないのは困るので、汲み置きしておくことになります。
給水時間中に、バケツやタンク(新しく貯水用のバケツを調達したはずです)に貯めておいて、例えば、トイレに行った後は小さいバケツや洗面器にその水を入れて流しに行っていました。

それなりに、不便だったはずですが、なぜか個人的にはあまりストレスを感じていませんでした。
何かキャンプやアウトドアのレジャーに行った時のような気分がして張り切ってさえいたような印象があります。
当時の、特に生業の影響を大きく受ける大人たちの心労はいかほどだったろうかと思いますが、私の周囲では少なくとも表面的には「大変だなハハハ」と笑って受け流すような雰囲気がありました。

とは言え、それ以来水の備蓄には多少気を使うようになったと言えます。
飲用のミネラルウォーター数箱に水道水・雨水の貯水パックを常備。
普段意識しなくても蛇口をひねっても水が出ない経験は後を引いているのかもしれません。

わが家の蛇口から出る水で満足してます

私の家の水道にはカートリッジ式の浄水装置が付いています。とっても小さくて、「これが浄水装置なのか?」と最初は目をうかがうほどでした。だって、水道の蛇口の中にすっぽりと収まってしまう大きさなんですから…。そんな小さな浄水装置があるんだな…と感心したほどです。

そのカートリッジを蛇口の中にセットして水を出すと、もう蛇口から出ている水はきれいな水に変身しているという訳です。
なんだかすごいですよね。一昔前の浄水器とはわけが違います。こんなに小さなカートリッジの中に、いったいどんな仕組みが備わっているのかと頭を捻ってしまいそうになります。

そのカートリッジ式浄水器のおかげで、家の蛇口から流れる水は安心して飲むことができます。元々嫌な臭いもなかったし、味もまろやかなおいしい水でした。それが小さな浄水器ひとつでもっとまろやかで美味しい水に早変わりしたのですから、他の水をわざわざ買ってきたり宅配してもらう必要性を感じないのです。

水についていろいろな雑学と考えです。

天然水は、自然の恵みを受け、六甲やブナの里などでおいしく飲むことができます。
人の体の90パーセント近くは水分でできていまして、かなりおいしくいただけます。水は日本の各地によっておいしさは、違います。必ず、おいしい水が、あると思います。
ペットボトルの水などもいいですが、その場の湧水、狐がいるところの水源は、エキノコックスになりますので危険ですが、必ずと言っていいほどおいしいと思った水源地の、ミネラルウォーターはおいしいです。

精神的にパニックしたり、動機が止まらない時、少しでもゆっくり、ゆっくりと、ミネラルウォーターを飲むのが大切です。
あまりにもおいしければ、精神的に回復してきてる方は、かなり飲ませても大丈夫かと思いますよ。とのかく、安定が何よりも大切です。水は偉大です自然と人の生命には、必要不可欠でありますよ。
必ず新しいミネラルウォーターなどが、おいしいライフスタイルになることまちがいありません。

Loading...
X